関節痛を軽減してくれるサプリメントについて解説します。


関節痛や変形性膝関節症を改善するために、サプリメントを利用する人が増えています。
これらのサプリメントは関節軟骨に作用をもたらすものであり、辛い症状を軽減してくれます。
足りない栄養素を補うだけでなく、様々な症状を改善してくれるものですので、必要な成分を調べながら賢く利用することが大切です。

グルコサミン

効果が期待される成分の一つにグルコサミンがあります。
これは蟹や海老などの甲殻類の殻から精製された成分であり、元々膝関節内の軟骨や半月板に含まれています。炎症を起こして痛みが出ている場合に非常に有効であり、炎症を抑えることができます。最近ではグルコサミンよりもプロテオグリカンが関節痛に有効な成分として注目されています。

コラーゲン

美容成分で知られるコラーゲンも効果のある成分の一つです。
コラーゲンはタンパク質の一種であり、皮膚や骨や軟骨に含まれています。お肌に良い作用をもたらすのは保湿効果が高いからなのですが、実は関節痛を予防することでも注目されていますので、現在痛みに悩まされている場合には取り入れたい成分です。

ヒアルロン酸

他にも、潤い成分であるヒアルロン酸は膝関節内の軟骨に含まれている成分ですが、年を重ねるごとに少しずつ減少していきます。
潤滑油のような役割を果たしていますので、減ってくると膝の働きもスムーズにいかなくなります。
ですから、加齢による関節痛にはヒアルロン酸が有効であり、飲むタイプのヒアルロン酸は分解されてしまって吸収できませんのでサプリメントが良いと言われています。

オメガ3脂肪酸

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は関節通を和らげてくれるものですが、体内で作り出すことができませんので、食事やサプリメントで積極的に摂取しなければなりません。
現在売られている関節痛用のサプリメントの多くにはこの成分が含まれていて、一定の成果をあげています。

用量用法を守って摂取するのが大切

必要な栄養素を効率良く摂取すれば非常に優れた方法ではありますが、利用の仕方を誤ると効果が出ないだけでなく副作用を起こす恐れもありますので注意が必要です。
特に過剰摂取は体への負担が大きくなりますので、決してやってはいけません。
症状が出る前でも、予防の観点から利用する人もいますが、これは非常に良いことです。

 

予防をしっかりと行うことで関節の働きをサポートできますので、痛みが出るような要因を作らずに済みます。
また、軽度の場合には早めにケアを開始すれば効果が出やすくなりますので、気付いた時点で利用し始めることが大切です。
症状が重くなると改善されたことを実感できるまでに時間がかかってしまいます。